布の花 布の実

古布・藍染・刺子で創る和の空間

鈴木 満子著

時代を越え伝わる古布を用いて花実として創作・表現した温もり溢れる布花作品集。著者の貴重なコレクションによる、東北の豊かな精神文化を今に伝える「刺し子」も同時収録。

発行日:2004年10月01日/本体価格:2000円+税/判型:並製190mm×230mm/48頁

ISBN978-4-902437-14-0 C0072

〈編著者紹介〉1947年 山形県米沢市に生まれる。/1966〜73年 染色家 高橋富葉氏に草木染と織りを師事。/1989年〜 布花作家 水上和子氏に師事。/1992年 福島市に「古美術 母家」を開店。/2001〜02年 高島屋 創作市場作家展 出品。/2003年 新宿 高野ギャラリーにて刺子展開催。

ご購入はこちらから