MINIATURE & DOLLHOUSE

小川富美子 ドールハウスの世界

小川 富美子著

人は、何故、ドールハウスに魅せられるのだろうか?「こんな家、部屋や家具で暮らしてみたい」。そんな夢を、たとえミニチュアの世界ででも、否、小さいからこそ叶えられる…。それがドールハウスの一番の特色。  小川富美子のドールハウスは、そんな魅力をさらに精査し、愛らしくした24分の1サイズ。長年、レース編みから刺繍まで手芸のすべてに磨きをかけてきた集大成であり、「清楚」ともいうべき美しい佇まいは、彼女ならではの個性の耀きの、その結晶といえるでしょう。箱根ドールハウス美術館館長 新美康明

ドールハウス作家・小川富美子の作品をあつめた作品集。24分の1サイズのルーム、ショップを中心に、かわいらしい人形や衣装なども数多く収録しました。

発行日:2017年11月01日/本体価格:3200円+税/判型:上製190mm×230mm/56頁

ISBN978-4-902437-71-3 C0072

〈編著者紹介〉ドールハウス作家 神奈川県生まれ、東京在住 東京、京都にて小人数の教室を開催 1998年 第1回東京インターナショナルミニチュアショーに出展。以後毎年出展。 2015年 シカゴミニチュアショーに出展。以後毎年出展。 2016年 そごう美術館出展、不定期にデパート出展 2017年 箱根ドールハウス美術館展示 2017年 米沢上杉博物館展示 2017年 おかざき世界こども美術博物館展示

ご購入はこちらから